サプリ比較

【ビオフルとビセラ】どっちがいいの?体内フローラサプリを比較

ビオフルとビセラを比較

話題の酪酸菌が1粒に2000万個も入ってることやテレビやメディアで話題の短鎖脂肪酸に注目した体内フローラサプリ「ビオフル」

ただ体内フローラサプリといえば、体内フローラサプリ「ビセラ」の存在も気になるところ。

どちらも酪酸菌や短鎖脂肪酸に注目してる体内フローラという似たサプリなので、どっちがいいのか比較してみました!

ビオフルやビセラが気になっている方はぜひ参考にしてみて下さい♪

ビオフルとビセラの比較表一覧

体内フローラサプリ「ビオフル」と「ビセラ」の価格や返金保証・回数縛りなどの気になる項目を簡単な比較表を作成しました。

詳しい項目を比較する前にまずはどんな特徴があるか見てみましょう!

  ビオフル ビセラ
初回価格
980円

500円
回数縛り
なし

4回
1日飲む量
1粒

1粒
1袋の量
31粒

30粒
返金保証
30日間

なし
解約方法
次回発送10日前

次回発送10日前

ビオフルとビセラを比較してみた結果、初回価格は500円で買えるビセラの方が安いですね。

ただビセラは4回購入の回数縛りがあるので、それを考えるとビオフルの方がいいかも…

さらにビオフルは返金保証があるので、総合的に見てみるとビオフルの方がお得ですね。

ビオフル
公式サイトはこちら

価格で比較

初回価格のみでは500円で買えるビセラがお得でしたが、ビセラには回数縛りがありました。

逆にビオフルは回数縛りはないけど、初回価格が980円。

もしこの2つの体内フローラサプリを気に入った場合、2ヶ月目以降はいくらなのか?が気になるところ!

ということで、ビオフルとビセラの初回価格以外はいくらなのか比較してみました!

ビオフルの価格一覧

初回価格 980円
2回目以降 3,980円

※税抜き価格です。

ビセラの価格一覧

初回価格 500円
2回目以降 3,980円

※税込み価格です。

2つを比較してみた結果、2回目以降の価格は全く一緒でした。

しかし!!よく見てみると、微妙に違う部分がありました!!

それは、税込みか税抜きか!!

ビオフルは税抜き、3,980円に対して、ビセラは税込み3,980円。

この差で、398円ビオフルの方が高くなっています。

ただもう1つ差があり、ビオフルは1袋に31粒入っているのに対して、ビセラは30粒なので実は1粒ビセラは少なかったりします。

ちなみに送料はどちらも無料になっていました!

単純に価格だけパッと見たらビセラが安いように思えますが、個人的には回数縛りがないビオフルの方が安い印象を受けました。

ビオフルは返金保証がついているのも魅力なので。

ビオフル
公式サイトはこちら

特徴で比較

どちらも同じ体内フローラサプリメントである、ビオフルとビセラ。

ぶっちゃけどっちを買っても違いがないのかなっと重い、ビオフルとビセラの特徴について比較してみました!

ビオフルの特徴

  • 酪酸菌が1袋に6億個
  • 30日間の返金保証付き
  • 短鎖脂肪酸に注目したサプリ
  • 飲みやすいカプセルタイプ
  • 1袋31粒入り

ビセラの特徴

  • 乳酸菌が1袋に1兆個
  • 短鎖脂肪酸に注目したサプリ
  • 飲みやすいカプセルタイプ
  • 食物繊維も配合
  • 1袋30粒入り

短鎖脂肪酸に注目した体内フローラサプリや、錠剤カプセルタイプといった点は、ビオフルもビセラも同じでした。

ただ絶対的に違う点が何を推しているかという点!!!

ビオフルは酪酸菌が6億個入っていることを売りにしていて、ビセラは乳酸菌が1兆個入ってることを売りにしています!

なので、酪酸菌サプリを求めるならビオフル、乳酸菌サプリならビセラといった感じで選ぶといいですね。

またビオフルはビセラより1袋の量が1粒多かったり、30日間の返金保証がある点は気軽に始めやすい体内フローラサプリになっています!

ビオフル
公式サイトはこちら

ビセラ
公式サイトはこちら

成分で比較

ビオフルもビセラも体内に取り入れるサプリなので、どんな成分が入っているか気になりませんか?

どちらも体内フローラサプリメントなので、もしかして似た成分なんでしょうか??

ビオフルの成分一覧

デキストリン、難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)、酪酸菌末(澱粉、酪酸菌、乳糖)、有胞子性乳酸菌末、ビフィズス菌末、殺菌乳酸菌末、食物発酵抽出物、イソマルトオリゴ糖、ギムネマシルベスタ抽出物、フラクトオリゴ糖、りんご酢末、/HPMC、ステアリン酸Ca、ゲル化剤(ジェランガム)、キトサン、リンゴ酸、(一部に乳成分・かに・大豆・ごま・オレンジ・りんご・バナナ・キウイフルーツ・カシューナッツ・やまいもを含む)

ビセラの成分一覧

食物繊維(有機アガベイヌリン)、乳酸菌(殺菌)(乳成分を含む)、乳酸菌生産物質(大豆、乳酸菌)(大豆成分を含む)、酪酸菌末(乳、大豆成分を含む)、乳酸菌プレミックス(乳酸菌29種)(乳成分を含む)、乳酸菌末(乳成分含む)、有胞子性乳酸菌(乳成分を含む)、ガラクトオリゴ糖、デキストリン、マルトデキストリン/結晶セルロース、ステアリン酸Ca、HPMC、増粘剤(ジェランガム)、微粒二酸化ケイ素

ビオフルとビセラの成分を比較してみたところ、意外にも成分に違いがありますね。

ビオフルは酪酸菌が3番目にきているので、酪酸菌に力を入れてるサプリっぽいですね。

ビセラは乳酸菌が2番目にきてるので、乳酸菌に力を入れてるサプリかなって思いますね。

アレルギーがある場合、ビオフルには「かに」が含まれているため、甲殻類アレルギーの方は飲むことができません。

またビオフルにもビセラにも、乳成分・大豆が含まれているので、乳アレルギー・大豆アレルギーの人はやめておきましょう。

ビオフル
公式サイトはこちら

ビセラ
公式サイトはこちら

口コミで比較

テレビやメディア話題のビオフルやビセラですが、実際に飲んだことがある人はどう思っているのか気になりますよね。

ビオフル・ビセラの口コミにどんな意見があるのか比較していきましょう!

ビオフルの口コミ

20代女性
20代女性
朝からスッキリできなくて、気分が下がりがち。。。内側から身体環境を整えると良いと聞いて、こちらを試しています。特殊カプセルが腸までしっかり届くという点に惹かれました♡調子も少しずつ良くなっている気がします。
30代女性
30代女性
朝からスッキリしたくて、色々情報を集めていたらテレビ番組で腸内の善玉菌を増やすと調子が良くなると聞きました。カプセルなので味はなし。1日1粒だし、これなら絶対続けられる!腸内の善玉菌を増やすとお化粧のノリが良くなるみたい。ビオフル続けて調子が整うと嬉しいなぁ。
20代女性
20代女性
腸内の善玉菌を増やすことで、毎日スッキリ体質へと導いてくれるサプリメントです。一袋にたっぷり酪酸菌、乳酸菌、ビフィズス菌が!!1日1粒なので続けやすい!

※個人の感想です。効果を保証するものではございません。
※ビオフル公式サイトより引用

ビセラの口コミ

20代女性
20代女性
腸内環境を整えたくて購入しました!カプセルに入っているビセラを飲むだけで簡単なので続けられそうです。お腹の調子を下しがちでしたが、飲み始めてからお腹の調子が良い気がします!腸内環境が整ってきたのかなと続けてみようと思います!
30代女性
30代女性
薄着の季節に向けて、お腹周り・腰回りをスッキリさせたくて飲み始めました。数日後から便通が良くなり体重が減ってきました。もう少し続けて様子を見るのが楽しみです
40代女性
40代女性
腸内から見直したく飲み始めました。サプリが腸内フローラをサポートしてくれるので、飲み始めてからとても調子が良いように感じます。私にはとっても合っているみたいです。1日1カプセルというのも嬉しいポイント。引き続き飲み続けたいです。

※個人の感想です。効果を保証するものではございません。
※Amazonカスタマーレビューより引用

ビオフル・ビセラの口コミを見ていた結果、共に多かった口コミは「1日1粒で続けやすい」という口コミ!

ビオフルもビセラも長期的に飲んでいく体内フローラサプリメントなので、1日1粒という手軽さは魅力♪

また朝のお通じ改善のために、飲み始めた人が多かったですね。

効果があるかは正直なところ個人差があるので、なんとも言えませんがやってみないことには分からないので、朝のお通じが気になる人にはビオフルもビセラもオススメです!

ビオフル
公式サイトはこちら

ビセラ
公式サイトはこちら

支払い方法で比較

いざ購入しようと思った時、どんな支払い方法があるのかって意外と気になったりしませんか?

商品によってはクレジット払いしか対応してないときとかあるので、クレカを持ってない場合そもそも買うことができません。

ビオフルとビセラはどんな支払い方法に対応しているのか比較してみました!

ビオフルの支払い方法

  • クレジット決済
  • コンビニ後払い
  • AmazonPay

ビセラの支払い方法

  • クレジット決済
  • コンビニ後払い

どちらもクレジット決済とコンビニ後払いは対応してますね。

ビオフルは他にAmazonPayでの決済もあるので、Amazonアカウントをお持ちでAmazonPayで決済するなら、個人情報の入力の手間が省けるメリットもあります。

ちなみにビオフルもビセラも全ての支払方法で手数料無料・送料無料なので、商品代金以外のお金がかかりません。

コンビニ後払いは最寄りのコンビニや郵便局で支払いができるので、クレカを持ってない人や商品が到着してから支払いたい人にオススメです!

またコンビニ後払いの支払期間は商品によって異なりますが、だいたい商品到着10日後以内の支払いが多いですね。

クレジット決済が一番支払いは楽だし、さらにビセラを購入する場合はポイント還元もあるので、ビセラを買うならクレジット決済がオススメ!

ビオフル
公式サイトはこちら

ビセラ
公式サイトはこちら

解約方法で比較

ビオフルやビセラはどちらもサプリメントなので、継続して飲むことになりますが、もうやめたいなっとか、回数縛り中は解約できないの?っといった疑問もありますよね。

そこでビオフルとビセラの解約方法について比較してみました。

ビオフルの解約方法

ビオフルは特に回数縛りがないので、初回購入後自分に合わなかったらすぐに解約ができます。

回数縛りがないといえ、何も連絡しなかったら次が送られてくるので、解約する場合は必ず連絡をしましょう。

解約は次回発送の10日前までにコールセンターかメールでの連絡になります。

ただメールはいまいち届いているか分からないので、個人的には電話のほうがいいですね。

コールセンター:0120-50-9291(平日9:00〜18:00のみ)
※電話は繋がりにくい事があるので、解約する場合は早めの電話をオススメします。

ビセラの解約方法

ビセラは初回500円で購入できるお得な「トクトクコース」になるので、最低でも4ヶ月の購入が絶対になります。

この期間中は解約ができないので、合計12,440円(税込み)の支払いがあります。

5回目以降は、発送の10日前までにコールセンターにご連絡すれば解約ができるので、4ヶ月飲んでも自分に合わなかった場合は解約しましょう。

コールセンター:0570-065-129(平日9:00〜18:00のみ)
※電話は繋がりにくい事があるので、解約する場合は早めの電話をオススメします。

解約のしやすさだけで見ると、回数縛りのないビオフルの方が始めやすい気がします。

ただビオフルもビセラも解約するには必ず早めの連絡が必要なので、解約する場合は忘れず早く連絡をすることが重要ですよ。

ビオフル
公式サイトはこちら

ビオフルとビセラを比較してみた結果どっちがいいの??

体内フローラサプリのビオフルとビセラを比較してみた結果、個人的にはビオフルがオススメです。

理由としてはやっぱり回数縛りがないところ!

いざはじめてみて何かこれ違うなった思った時、回数縛りが4回あるビセラは…というところが個人的には懸念したところです。

ただこういったサプリ系は飲み続けないと結果が分からないので、3ヶ月以上試してから考えたいといった人には回数縛りがあるビセラがオススメです。(回数縛りがある分それだけ2回目以降の価格も安くなっているので)

また酪酸菌(ビオフル)で選ぶか、乳酸菌(ビセラ)で選ぶで分けるのもオススメです!

ビオフル
公式サイトはこちら

ビセラ
公式サイトはこちら